FC2ブログ

沖縄タイムス(2/10)に、アトムホームのソーラーシェアリングの計画が掲載されました。 

2月12日(火)
プロ野球キャンプも盛り上がる中、多くの方が、『アトムホームスタジアム宜野湾』へ、足をお運びいただき誠に感謝申しあげます。

さて、2月10日(日)の沖縄タイムスに、弊社、株式会社アトムホームのソーラーシェアリングの計画が掲載されました。
遊休地、耕作放棄地で、農業をしながら太陽光発電を行うもので、2021年までに、県内60カ所に展開する予定で、年間発電量は、
1万3千メガワット時(一般家庭約4千世帯分)になる見込み。
ソーラーシェアリングは、再生可能エネルギー普及と遊休農用地、耕作放棄地の有効活用の両立が期待できるため、農水省も2013年から推進している。
掲載内容の詳細は、2月10日(日)の沖縄タイムスをご覧頂けますと幸いです。
今後も、株式会社アトムホームの事業計画、取り組みなど掲載して参ります。
ソーラーシェアリング事業

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する