FC2ブログ

ひとり親家庭を継続支援。(株)アトムホームが、宜野湾市へ米を寄贈。第7弾!!  

4月22日(木)

新型コロナウイルスの感染拡大・変異株の出現等で、全国的に第4波が訪れる中、
沖縄県に於いても、新規陽性者数が急増の為、「まん延防止等重点措置」に指定され、それに伴い、4月12日(月)~5月5日(水)が期間となりました。
まだまだ厳しい、コロナ禍の状況ではありますが、感染拡大防止対策を徹底し乗り切ってまいりましょう。

弊社、代表取締役CEO宮平克哉は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、日々の生活に困窮する方々へ継続して生活支援をおこなっております。
沖縄のソウルフードである『ポーク玉子』で活力をつけてもらいたいとの思いで、7回目となる今回は、(株)アトムホームよりお米(3kg)150袋、ポーク缶詰150缶を、宜野湾市(福祉推進部 福祉総務課)へ寄贈致しました。

宜野湾市市長 松川正則様、福祉推進部より  岡田洋代様部長、宮城葉子次長、弊社より 宮平宗幸取締役専務が出席のもと、贈呈式が執り行われました。
福祉推進部 福祉総務課から、日々の生活に困窮する、ひとり親家庭へ配布されます。

『地域の人が、地域の為に。』
宜野湾市から発信された、ゆいまーるの黄金の精神が、各市町村・地域へも広がり、県全体に広がっていくことを願うとともに、一日も早い新型コロナウイルス感染の終息を願います。

(株)アトムホームが、宜野湾市へ米を寄贈。第7弾!!

(株)アトムホームが、宜野湾市へ米を寄贈。第7弾!!

(株)アトムホームが、宜野湾市へ米を寄贈。第7弾!!

(株)アトムホームが、宜野湾市へ米を寄贈。第7弾!!

スポンサーサイト



たくさんの感謝の声が届きました!!  

株式会社アトムホーム代表取締役CEO宮平克哉 宛に、たくさんの感謝の声が届きました!!

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、日々の生活に困窮する宜野湾市内の新一年生を持つご家庭へ、
生活支援の一環として、ランドセルを寄贈。
また、コロナ渦の影響で、生活に困窮するご家庭へ、(株)アトムホームよりお米、ポーク缶詰を、寄贈致しました。

宜野湾市(福祉推進部 福祉総務課)から、各ご家庭へ届けられました。

そのランドセルを受け取られた、ご家庭と、お米・ポーク缶詰を受け取られたご家庭から、たくさんの感謝のお声が届きました。
メッセージには、感謝や御礼の言葉や、ランドセルを受け取った子どもたちの嬉しそうな顔が見える内容が書いてありました。

感謝の気持ちの込められた声が届くと、とてもとても嬉しいです。
代表取締役CEO宮平克哉始め、社員一同感激しています。

コロナ渦の厳しい状況の中ではありますが、日々のコロナ対策の徹底、三密を避け乗り切ってまいりましょう。
20210315_203520.jpg

20210315_203748.jpg

20210315_203823.jpg

20210315_2039260.jpg

20210315_2040040.jpg

『地域の人が、地域の為に。』
宜野湾市から発信された、ゆいまーるの黄金の精神が、各市町村・地域へも広がり、県全体に広がっていくことを願うとともに、一

『第5回 農水産業支援技術展 沖縄』に、株式会社アトムホームも出展しました  

3月9日(火)・10日(水)の2日間、沖縄県市町村自治会館にて開催の、

『第5回 農水産業支援技術展 沖縄』に、株式会社アトムホームも出展しました。
atom_20210309_001.jpg


日本の農水産業、6次産業化、輸出、そしてスマート農業の未来の地・沖縄の発展を支援する技術展です、

農業・6次化支援セミナー、畜産支援セミナー、漁業・養殖支援セミナー、災害対策セミナー等、
無料のセミナー・講演会あります。

株式会社アトムホームのブースでは、現在、営農型太陽光発電を行っている現地を、パネルで紹介し、分かり易く説明しています。

遊休農地・荒廃農地・農振地域等の「農地と太陽光発電システムの両立」、農地を有効活用して、安定した収益の確保をする。
農地を所有している方や、農業を営んでいる方へは、特に必見の内容です。

『農地で太陽光』 ご検討いかがでしょうか?

コロナ禍の中ではありますが、
株式会社アトムホームのブースへ足をお運び頂きますよう宜しくお願い致します。

☆ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)に関する、お問合せはこちらから、
 フリーダイアル:0120-383-802
atom_20210309_002.jpg

atom_20210309_003.jpg

atom_20210309_004_202103100759379b0.jpg

宜野湾警察署より感謝状の付与がありました。 

20210308_102952.jpg

3月8日(月)
宜野湾警察署より、感謝状の付与がありました。

昨年、10月23日(金)、コロナ渦の中、日々宜野湾市民の安全と安心。
快適に暮らせる、地域社会の維持・確保の為、不特定多数の市民と応対する
宜野湾警察署の署員の皆様へ敬意を払うと共に、
日常業務に役立てて欲しいとの思いで、フェイスシールド200枚を寄贈。

その感謝と御礼として、
宜野湾警察署より、感謝状の付与がありました。

宜野湾警察署 業務課長 川畑 功(沖縄県警部)が、来社され、
弊社、代表取締役CEO宮平克哉に、感謝状の授与と記念品の進呈が行われました。

沖縄県の緊急事態宣言は解除されましたが、
コロナ渦の中、引き続き体調管理に気を付けて、三密を避け乗り切ってまいりましょう。

『地域の人が、地域の為に。』
宜野湾市から発信された、ゆいまーるの黄金の精神が、各市町村・地域へも広がり、県全体に広がっていくことを願うとともに、
一日も早い新型コロナウイルス感染の終息を願います。。

嬉しいお手紙が届きました!! 


株式会社アトムホーム代表取締役CEO宮平克哉、弊社社員宛に、嬉しいお手紙が届きました!!

1月21日に、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、日々の生活に困窮する宜野湾市内の新一年生を持つご家庭へ、生活支援の一環として、ランドセルを寄贈致しました。

そのランドセルを受け取られた、ご家庭から、感謝のお手紙が届きました。
手紙には、感謝の言葉や、ランドセルを受け取った子どもたちの嬉しそうな顔が見える内容が書いてありました。

感謝の気持ちの込められたお手紙が届くと、とても嬉しいです。
代表取締役CEO宮平克哉始め、社員一同感激しています。

沖縄県の緊急事態宣言が延長となり、コロナ渦の厳しい状況の中ではありますが、日々のコロナ対策の徹底、三密を避け乗り切ってまいりましょう。

『地域の人が、地域の為に。』
宜野湾市から発信された、ゆいまーるの黄金の精神が、各市町村・地域へも広がり、県全体に広がっていくことを願うとともに、一日も早い新型コロナウイルス感染の終息を願います。
atom_20210213.jpg